花粉症シーズン到来で増えるちょい漏れ!

お悩みの方へ

 

花粉症シーズン到来で増える尿もれ

ちょいもれ!

東京都が平成28年に行った花粉症患者実態調査結果によると都内におけるスギ花粉症有病率は、48.8%と推定されています。
またある最近の調査によるとスギ花粉症の有病率は全国で20%を超えると報告されています。

花粉症シーズン!花粉症女性にとって尿もれ(ちょいもれ)の悩みがより一層深刻になりそうです。また服用している花粉症の薬の副作用で下痢や頻尿になることもあり、尿もれ(ちょいもれ)が原因で外出を控える方も多いといいます。

「咳」「くしゃみ」により尿もれ「ちょいもれ」してしまう腹圧性尿失禁の悩みを抱えているのは女性に多く、男性の数倍も多くなっています。

腹圧性尿失禁について→https://www.kokorozenkai.jp/297(女性に多い腹圧性尿失禁)

簡単にご説明すると、腹圧性尿失禁は、その名の通り「お腹に力が入ることで膀胱(ぼうこう)が圧迫されて」起こる、尿もれです”
出産や加齢などにより、骨盤の最も底にある筋肉の集まり「骨盤底筋群」の働きが衰えることが原因となっています。

「骨盤底筋トレーニングや、吸水ケア用品(軽失禁パッド)などを活用して適切に対策することで毎日がぐんと快適に」しかし尿もれ対策として、「吸水ケア用品」を使ったことがない方が多く、その理由で多いのが「生理用品などの代用している」が圧倒的に多いようです。また心理的なハードルとして「使うことに抵抗がある」や「購入することが恥ずかしい」といった理由も多いようです。

必ず知っておいてほしいことは、生理用ナプキンと吸水ライナー(吸水ケア用品)の違いは使用しているポリマーに大きな違いがあります。経血用のポリマーではうまく尿を吸収することが出来ないために逆戻りの原因となってしまします。尿もれ専用のパッドは、デリケートゾーンを「清潔」「快適」に保つのに有効です。また大切な時や外出中に「あれ!?」となるかわからない、「不安の解消」にも役立ちます。

尿もれの緩和や予防には、骨盤低筋体操などが有効的です、しかし骨盤低筋体操を行ってすぐに尿もれがなくなるわけではありません。
気軽に日常生活に取り入れてみるなどし、無理なく継続しながら、吸水ケア用品活用してデリケートゾーンを「清潔」かつ「快適」に保つことがポイントです。

吸水ケアのプロが選ぶ!おすすめ吸水ライナー2選

お勧めのポイント解説付き

吸水量だけで比べていませんか?大切なのは吸った後。

ネピアSARAStyle

https://www.amazon.co.jp/ネピア-インナーシート30-SARAStyle-サラスタイル-【軽い尿モレの方】/dp/B001G2MI2Y/ref=sr_1_18?m=A2A2OLUA8VOEFT&qid=1583996306&s=merchant-items&sr=1-18

超うすでも安心の吸収力。
それはSAP(吸収ポリマー)がシート構造になっているので素早く尿もれをしっかり吸収してくれます。

お勧めポイント

その①
逆戻りがなく表面はサラサラ

その②
尿は時間の経過とともに酸性になる、お肌と同じ弱酸性が続く特殊シート採用で吸水後も弱酸性をキープ!

その③
臭いの元をブロックする銀イオン消臭ポリマーと、発生した臭いを吸着する臭い吸着シートのW効果で安心のロングタイム消臭!

その④
全面通気シートでムレやカブレを防ぐ「そよ風」感覚!

その⑤
立体ギャザーがからだにフィットして横モレをしっかりガード(インナーシート30を除く)、ヒップの部分を広げて後ろモレを防止(インナーシート30・60を除く)

 

吸った後もサラサラのインナーシートSARAStyle

ショーツとの一体感を目指した超うす仕立てだからアウターに響かず、パンツスタイルも積極的に楽しめ女性に軽快な日々をお届けします。

尿モレが気にならない毎日を、あなたへ

 

アテント コットン100%

※自然素材パッド※天然コットン100%の表面シートです。

自然素材パッドでこれは一枚の肌着。吸収量のバリエーションも豊富。
一枚の肌着のコットン100%自然素材パッドで気持ちのいい一日。

お勧めポイント
その①
水は通さず、水蒸気は通すフィルムを採用。ムレの原因になる湿気を裏面から逃して、つけ心地スッキリ。
その②
約9割の女性に「快適な素材」として認識されているコットンを、100%使用した不織布を表面素材に採用
その③
緑茶成分配合,無香料,下着内の汗と尿をしっかり消臭してくれます。

https://shop.kokorozenkai.jp/アテント コットン100% 自然素材パッド 女性用 安心少量 35cc 20.5cm 32枚

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧