前立腺がんの治療

お悩みの方へ

前立腺がんの治療

治療方法の選択

ゆっくりと進行するためさまざまな選択肢がある

前立腺がんの治療方法は、手術療法や内分泌療法(ホルモン療法)、放射線療法などがあります。

治療法は癌の中でも種類が多く、患者様が選べる治療の選択肢がたくさんあるといえますので、それぞれの長所や短所をよく理解して選択しましょう。

前立腺がんはゆっくりと進行します。早期発見すれば根治も可能であります。進行した状態で発見されても治療後の再発リスクを長期的に、より少なくする

ことが出来ますので、治療法をよく検討することが大切です。

・手術:前立腺をとり除く「前立腺全摘除術」を行い根治が目的。

・放射線療法:放射線を当てることにより死滅させる治療法です。

・ホルモン療法:男性ホルモンの分泌を抑えたり、前立腺がんの増殖を止める方法です。

前立腺がんの進行について図解と解説!

限局がん → 局所進行がん → 転移がん、と早期から進行がんとなっている。

図1限局がん
がんが前立腺にとどまっている状態で画像確認できなほどの小さなものまである。

図2局所進行がん
がんが前立腺を覆っている皮膜を破ったり周辺の組織、臓器まで進行し広がっている状態で高リスクと分類されている。

図3転移がん
ほかの臓器やリンパ、骨転移がある状態で強い痛みなどの症状が出てくる。増大、進行を抑える治療が行われる。

・限局がんの治療について
リスクは3段階、低・中・高と3段階にリスク分類する。

リスク分類を行うのは「PSA値」「TNM分類による進行度」「悪性度」の3つの要素から決められる。

①PSA値とは→前立腺の細胞が作り出す物質で、精液に混ざりこんだり、血液中にも入ります。前立腺がんがあると多量のPSAが血液中に出てきます。
血液検査でPSA値を調べることによって早期発見に役立っています。精度が高く前立腺がんの人に対しての異常値が約80%程度であるとのことです。

②TNM分類による進行度とは→「がんの大きさや広がりの程度」のことです。

低リスクの場合は放射線治療や手術療法のどちらかで治療を行うのが基本です。
PSA監視療法は、決して治療を行わないわけではなく治療を行う場合には合併症や副作用もあることから、低リスクの患者様であれば、治療を行わないわけではなく
経過観察を行いながら他に優先して行うべき治療があれば優先しながら、PSA監視療法も選択肢の一つとなっているということです。
早期発見できれば根治的な治療が行えますが合併症や副作用の可能性もありPSA値での経過観察を行っていくことは合理的な方法だと考えられています。
選択として治療を行う場合は普段の生活を心がけて観察を正しく行うことで悪化リスクは非常に低くなると言われています。

PSA観察療法 ※PSA観察療法の対象となるのは(限局がん・低リスク)の方が対象です。

【開始する前に】
・グリコンスコアが6以下
・生検によりがん発見の針が2本以下
・PSA値が10.0ng/ml以下
・TNM分類進行度T2以下

【診察】
生検 1~3年間隔
直腸審 約半年間隔
PSA検査 3カ月間隔

【継続観察】
・病理の再評価
・直腸診の結果
・PSA値の上昇速度

  ↓

【根治治療】※悪化の場合

☆前立腺全摘除術

前立腺全摘除術は根治の可能性がもっとも高い治療法の一つです。技術的な進歩で体への負担も軽減されています。

がんを取り除くことにより精神的な安心感も高く、全摘徐術は精嚢を含めて前立腺すべてを摘出する手術です。

限局がんであれば生存率はほぼ100%と高く、10年生存率も90%と言われている。※放射線治療も同じく高い(後で説明)

全摘除術ではすべて取り除くので不安や悩みからの解放感が得られることが大きい。放射線治療では前立腺を残すことから治療後も経過観察が必要です。

一方、摘除を行った場合の経過はPSA値の上昇がなければ治癒したと考えることができますからメリットとしては大きいと思います。

悪性度が低く、高齢や期待できる余命が10年以上であることも判断になります。

技術的な進歩により精度の高い摘徐術を受けることができます。

・開腹手術
・腹腔鏡下手術
・ロボット手術
・小切開手術

手術後に起こる合併症について

〇痛み
〇尿失禁・尿もれ
〇排尿困難
〇勃起機能障害
〇肺塞栓症
〇鼠経ヘルニア

尿もれ、生殖機能障害がほぼ全員に起こります

 

尿失禁・尿もれについては、頻度や量など程度に関しては個人差があります。しかし手術を受け方すべてにほぼ起こります。
約1年後にはほとんどの方が徐々に回復されていきますが、手術後の初期の場合は失禁量も多くなりますので、大人用の吸水ケア用品を上手に選んで活用しましょう。

なぜ起こるのか、手術で前立腺を取り除く時に尿道括約筋の一部が損傷を受けたり、神経が損傷を受けることが原因です。

【対処方や治療法】
パンツタイプの吸水用品(リハビリパンツ)や吸水パッド(尿取りパッド)を上手に活用して外出時の活動に支障なく行動しやすいことがポイントです。
失禁量に合わせて吸水インナーを併用することも有効的です。吸収量もごく少量の物から2~3回分の吸収機能を備えた商品もあり便利です。

快適に過ごす為に上手に活用することが大切です。やがてほとんどの方が吸水ケア用品の必要がなくなります。

骨盤底筋は手術後1カ月ほど経過してから骨盤底筋体操を行うことにより、尿失禁を改善できます。骨盤底筋は骨盤の一番下にあり膀胱や尿道をささえており
尿道括約筋もここに含まれます。

☆放射線療法

放射線療法は放射線を照射して根治を目指して行われます。昔に比べ技術の進歩により正確に放射線を前立腺をあてられるようになりました。

限局がんから転移がんまで幅広く適用されるのが放射線治療です。また骨への転移などで強い痛みがある場合など緩和を目的として用いられます。

放射線療法はがんを切除するわけではありませんから、身体への負担は手術に比べて軽減されます。また尿もてにかんしては手術よりも起こりにくく、勃起機能も維持されることがわかっています。

しかしリスクもあり、放射線がほかの組織にもあたってしまうので数年後に合併症や二次がんが発生するリスクもあるようです。

放射線、手術ともに根治性は同等といわれており、術後の経過で違いがあります。放射線の場合はPSA値の低下が緩やかにに下がります。手術の場合、切除するのでPSA値はほぼ0になるわけです。

【放射線治療中に起こる副作用】

頻尿、排尿痛、排尿困難など、治療開始後2週間程度で、トイレの回数が増えたり、排尿時に軽い痛みを感じたりします。
排便回数の増加、下痢など、放射線により、直腸の一部が刺激を受け、排便の回数が増えることがあります。また、括約筋がゆるんだ感じがすることがあります。
直腸、肛門の炎症、出血など、直腸の一部が刺激を受けるため、痔のような症状が起こることがあります。

【治療後数ヶ月から数年後に起こる副作用】
直腸の炎症、出血(数~10%程度)など:放射線治療の晩期障害として、数ヶ月から数年後に、直腸から出血(血便)が見られることがあります。万一起こっても、
大部分は出血はわずかであり、そのまま様子を見て大丈夫で、やがて改善します。
性的機能低下:前立腺のそばを通っている神経に放射線があたるため、数年後に男性機能が低下することがあります。発癌(きわめてまれ):放射線は抗癌剤と同じく、
発癌作用があると言われていますが、きわめてまれな副作用です。血尿、尿道狭窄、小腸の狭窄、腸閉塞いづれもごくまれにあるリスクです。

☆ホルモン療法

男性ホルモンの分泌を抑えて「前立腺がんの増殖を防ぐ治療法」で主に局所がんや転移がんに対して行われます。

前立腺がんには男性ホルモンが深くかかわっています、前立腺全摘術や放射線療法と異なり、前立腺局所だけでなく全身に対して癌の抑制が可能です。

そのため、局所進行癌または転移性の癌(PSAが高く、微小な転移が強く疑われる場合も含む)に対し最もよい適応があります。

基本的には薬を使った治療が行われ、がんが完全に無くなることはないので、治療を継続して行う必要があります。

また、ホルモン療法は根本的な治療法ではありませんので、継続していてもがんの抑制が効かなくなることがあります。

ホルモン療法が効かなくなるとPSA値が上昇し始め「再燃がん」といいます。

【ホルモン療法の副作用】
ほてり、頭痛、発汗、肝機能障害、性欲減退、勃起障害、女性化乳房、乳房痛、精巣萎縮、貧血、※骨粗鬆症、肥満、糖尿病、心血管疾患、筋肉減少、
認知機能の低下、うつ傾向、「女性化乳房」などがあります。

なかでも気を付けるべきが※骨粗鬆症です。男性ホルモンが減少すると骨密度が低下します。それに伴い骨折のリスクも高くなります。
骨の健康を考えて食事でしっかりカルシュウムを補給するようにしましょう。
また男性ホルモンの低下により筋力低下、体脂肪増加といった副作用もあります。バランスの良い食事と適度な無理のない運動を心がけることも大切です。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧