前立腺がんの検査と診断

お悩みの方へ

前立腺がんの検査と診断

図1 前立腺がん発見までの検査の流れ

前立腺がんは自覚症状が出にくいので前立腺がんの診断には、まず「スクリーニング検査」を行います。

スクリーニング検査とは、前立腺がんの可能性がある人を見つけるための検査のことです。

図2 血液検査PSA

図3 直腸診の検査方法

血液検査「PSA」のほか、問診、直腸内触診、画像検査(経直腸的超音波(エコー)検査、前立腺MRI検査を併用することがあります。

図4 検査時の様子とエコー検査画像

スクリーニング検査によってがんの疑場いが強い場合には、次に生検がおこなわれます。生検の結果がんの「確定診断」を行います。ここでがんが確定された場合には、

続いてがんの状態をより詳しく調べる検査が行われます。

図5 確定診断から治療方針決定までの検査の流れ

※診断のながれ、検査の順序、方法などは機関などにより異なります。主治医とよく相談しましょう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧