間質性膀胱炎

お悩みの方へ

間質性膀胱炎

つらい症状、尿がたまると激しい痛みと不快感。

間質性膀胱炎の原因は、細菌ではありません。原因や治療法がはっきり見つかっていない病気です。

日本の間質性膀胱炎患者は約25万人いると言われており、その9女性です。


<a href=”http://graph.heartrails.com/edit/62ktpvwh”><img src=”http://graph.heartrails.com/graph/62ktpvwh.png” width=”400″ height=”300″ alt=”” /></a>

膀胱の粘膜の弱さや膀胱の神経末端の異常、粘膜の下にある間質で起こるアレルギー反応などが相互に関係しあって起こると考えらています。

症状

尿意切迫感(1日に20回以上もトイレに行く)

尿が少しでも、たまると下腹部が痛み、不快感を感じるようになります。尿がたまるにつれて痛みがましたり、

そのため、尿をたくさん溜めておくことができなくなり頻尿となります。

性交痛。

予防対策・対処法

1人で悩んで不安な気持が大きくなる前に大切なのは、尿器科の情報を集めるなどして、その病状が間質性膀胱炎であるときちんと診断されるか否かということです。

膀胱炎は再発しやすい病気ですが、規則正しい生活や疲れをためない事などを心掛けることでしっかりと予防することもできます。

長時間トイレを我慢しないことが最も大切です。水分を多めに摂取し、こまめに排尿するという生活習慣を身に付けましょう。また下腹部などを温めて冷えを解消し、免疫力を高めましょう。

適度な運動、栄養バランスのよい食事、睡眠時間の確保によって、細菌への抵抗力を高めることも大切です。

無理なダイエットやストレスも免疫力を下げる原因となるため、精神的なリフレッシュも心掛けましょう。

食事療法 ※注意:個人差があり全ての人に共通するわけではありません

摂取するのを控えたほうが良いもの

・ワインやビールなどのアルコール飲料でヒスタミンが含まれるものやカマンベールチーズやテェダーチーズや赤ワイン、ビールなどのチラミンが含まれたもの。

みかん、トマトなどの酸っぱいものや香辛料などの刺激の強い料理なども控えたほうがよいでしょう。

図1

※注意:個人差があり全ての人に共通するわけではありません

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧