女性に多い腹圧性尿失禁

お悩みの方へ

女性に多い腹圧性尿失禁

あなたの尿もれのタイプは?専門的には尿失禁といいますが、女性に多い尿失禁は「腹圧性尿失禁」です。女性の尿失禁の半数以上を占めるといわれています。

急に動いたり、せきやくしゃみの拍子にもれるのは腹圧性尿失禁です。これは成人女性の3~5人に1人の割合であるとされています。

だからチョロッと漏れた経験があったとしても、あなただけが異常なのではありません。

妊娠・出産による骨盤低筋への負担が遠因となって9割は出産経験者であるといわれています。

骨盤底筋は骨盤底の恥骨と後方の尾骨との間にあるハンモック状の筋肉郡をいいます。もともと私たちの先祖が二足歩行をしていなかった頃には尻尾を振ったり

するために使われていた筋肉郡なのです。そして二足歩行をはじめたころから骨盤底に腹部臓器の重みがかかるようになりそれを支える役目を果たすようになりました。

QOL医療では、本人が困っているなら病気とみなします。*QOL クオリティーオブライフ=生活の質

週に2~3回以上、下着を交換する必要があるような尿もれをして不快で困っているのであれば、それは腹圧性尿失禁です。

スポーツやダンスなど大好きな趣味活動の際に必ずもれてしまうとしたら必ず泌尿器科を受診することをおすすめします。ほっておくと生活の質(QOL)の低下につながります。

腹圧式尿失禁の多くは骨盤底筋トレーニング(骨盤底筋体操等)で完治することもあきらかになっています。高齢の女性にも効果が期待できます。

女性の骨盤底の筋肉自体、男性よりもよわいことも理由としてあげられますが、尿もれは安産タイプの証とも言われています。

出産のときに骨盤底の筋肉が固いと赤ちゃんがなかなか下りてくることができずに大変な難産になってしまうでしょう。女性は尿もれに悩むことが多いのですが

適切なケアをしてどんどん外出や趣味などを楽しみましょう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧