不安解消!排便で困ったこと ~過敏性腸症候群~

お悩みの方へ

不安解消!排便で困ったこと

~過敏性腸症候群~

下痢の原因のひとつに過敏性腸症候群があります。「過敏性腸症候群」「IBS」とも呼ばれ、繰り返し下痢や便秘などの便通異常が起きてしまいそれに伴う腹痛や腹部不快感を起こす機能的消化器疾患の症候群ですが、どのような要因があるのでしょうか。また、治療や対策は何ができるのでしょうか。過敏性腸症候群について紹介します。

腸は、脳がストレスを感じたり食べた物の刺激が強いときなど収縮運動が激しくなり、収縮運動が激しくなると、腹痛を感じたり、食べたものが消化されないまま排出されて、下痢になってしまいます。
過敏性腸症候群の人の腸は、心理的ストレスによる刺激や食べたものによる刺激により悪化したり、緊張や不安に襲われたときなど、大きく分けて3つの要因が考えられている。

 

過敏性腸症候群~3つの要因~

・食事やストレス
・腸管の知覚過敏
・中枢神経系の不調

過敏性腸症候群は欧米では4~22%とも言われており男性よりも女性に多いそうです。

病院を受診する方は30~50代が多いようです。

しかし過敏性腸症候群原因は詳しくはわかっていません。細菌やウイルスが原因となる感染性胃腸炎にかかった後に、過敏性腸症候群にかかるリスクが高くなることが知られています。その原因は、腸の粘膜が弱くなったり、腸内細菌が変化したりして刺激に敏感になるためと考えられています。

外出時の不安を解消するために改良が重ねられている便もれ防止パッドなどが充実している。

 

過敏性腸症候群の下痢の治療・対策

食生活と生活習慣の改善
生活習慣を改善する3食を決まった時間に食べるなどの規則正しい食事習慣を送る。
便秘の場合には食物繊維の有効性が認められています。

一般的に1日25gの食物繊維の摂取が必要とされていますが食事だけでは難しいので不溶性食物繊維サプリメントを利用するのも効果的です。※下痢に対しての効果は一般にはすすめられていない。

暴飲暴食や夜間の大食いを避ける
下痢の原因となりそうな食べ物を減らす(コーヒー、アルコール、香辛料、冷たいもの、脂っこいものなど)睡眠や休息を十分にとるストレスを解消する、適度な運動。

 

薬物療法


便秘や下痢の優勢症状に関わらず生活習慣の改善だけでは症状が改善しない場合に、薬物療法を行います。
腸の運動や腸内細菌、便の水分バランスを整える薬物(ポリカルボフィルカルシウム)などを使用します。あとは便秘型、下痢型など症状に合わせた薬(塩類下剤)を使用して治療が行われます。それでも十分な改善が見られない場合に、下痢止め、漢方薬、抗アレルギー薬など様々な薬を組み合わせて、その人に合った治療を行います。必ず専門医の診断と治療が必要です。

なかなかドラッグストアなどで置いてない外出時の安心感が増す「おすすめ商品」の機能を詳しく紹介

アテント お肌安心パッド 軟便モレも防ぐ(16枚入)【アテント】

排泄ケアは個別性が高く基本的な日常生活動作で、個人のプライバシーにもかかわる行為です。

私は「便」で人生が大きく変わるといっても大げさではないと思います。

セルフケアと予防を行うことにより症状を穏やかになったり不安を取り除けることができます。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧