よくわかる男性の尿トラブル

お悩みの方へ

よくわかる男性の尿トラブル

男性の尿トラブルは40代から見られるようになり、年齢を重ねるごとに増加傾向にあります。

男性の尿もれの原因となるのは「過活動膀胱」「前立腺肥大症」です。

特に60代くらいからは前立腺がふくらんで起こる「前立腺肥大症」が原因で「過活動ぼうこう」を引き起こすことが多いのが男性の尿もれの特徴です。

そもそも前立腺や膀胱ってどこにあるの?

前立腺は「クルミぐらいの大きさ」重さは成人で約20グラムと言われています。

男性の尿道は、前立腺の中を通っていますが、前立腺が腫れたり、大きくなることで尿道が圧迫され、

尿意「おっこがしたい」を感じても「で、出ない・・・」といった感じで尿が出づらくなります。こうした状態が続くと排尿しても尿が膀胱に残り

多量に膀胱に尿が溜まってしまい出したいのに出ない状態「尿閉」になってしまいます。

こんな状態になっているのですぐに泌尿器科に受診しましょう。

尿トラブルの原因として30代~50代の男性では「前立腺炎」もあげられます。

発症リスクとして長時間のデスクワークや疲労やストレス、

車での長距離移動などの機械的刺激などもリスク的要因だと言われていますが、細菌性前立腺炎は急性と慢性に別れ、

慢性の場合などは症状を気づかないないまま生活している場合もあり感染の経緯ははっきりしていません。

ほっておくと日常生活に影響する尿トラブル、早めに専門医に相談を行い、

必要に応じて快適に過ごすためにセルフケアもしっかり対応して、快適な日常生活を送れる環境を整える事が大切です。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧